IPO投資でセミリタイア

労力最小「IPO投資」と「節約」でセミリタイアを目指します 現在40代前半★目標50歳セミリタイア

しあわせのかたち 私にとっての幸せとは何? お金よりも心の平静が欲しい

f:id:freelife1997:20190808212106p:plain

こんばんは。

日曜の20:45分です。

週休日の終わりと明日からの仕事のはざまの、なんとも言えない時間です。

会社勤めゆえに感じる感情です。

会社勤めを終えたらもう味わえないので、今のうちにしっかり味わっておくとしましょう。

 

さて、昔ファミ通で連載されていたマンガに「しあわせのかたち」というものがありました。

内容はよく覚えていなのですが、この「しあわせのかたち」という響きは不思議と記憶に残っています。

当時子供だった私には、その意味についてはあまり考えていませんでした。

当然ですね。

 

いい歳になった今、ふとこのタイトルを思い出したしだいです。

 

 

 

私にとっての「しあわせ」とは?

私は現在、安定した職に就いています。(突然解雇されることはない)

私には妻子がいます。

私にはそれなりのお金があります。(生活には困らず、投資もできている)

私は大きな病気をもっていません。

 

 

このように書き出すと、まさに「しあわせ」のはずなんです。

非正規の方から見れば、安定した職にあるだけで「しあわせ」のはずなんです。

 

 

ですが、今、私はしあわせを噛みしめているわけではありません。

私の心には漠然とした「不安」がいつも、つきまとっています。

それが私のしあわせの敵となっています。

 

 

不安の正体は?

不安の正体は、、つまるところ、自分の性格からくるものなんです。

人間関係に敏感で、つねに気を張っている性格。

仕事上では先を見越して行動しないと気が済まない心配性。

人の仕事にも責任を感じてしまうほどの、無駄な責任感。

独りの時間が多く確保できないと疲れてしまう自分。

 

こういう性格がしあわせを曇らせているんです。

もう数十年付き合ってきた自分。

わかっているようで、まだわかっていない自分。

 

30代は「努力」で前向きな自分、社交的な自分を演じてきました。

多少のノウハウ、テクニックは身につきました。

しかし、40代になって気づきました。

誰かのようになりたくて必死に演じてきたけれども、自分は自分以上でも自分以下でもないと。

 

 

自分を大切にする 背伸びはしない!

背伸びをすればするほど、本当の自分を押し殺してきました。

そこに無理が生じています。

しあわせを実感できない。

日々、次は何をして、次は何をして、、。

 

タスクをつくってこなす、それが人生の目的?

ただ生きている、それも立派な人生では?

そもそも人生にルールなんてあるの?

 

30代は仕事最優先でした。

40代はさらにそれを求められる世代です。

 

そろそろ自分の価値観をしっかりしないと、、生きることが苦役になりそうな年頃です。

 

仕事だけが人生ではない。

かといってお金があってもしあわせとは限らない。

人は人と関わってこそしあわせを感じる生き物。

 

どれも正解だと思います。

 

すみません、今日もとりとめのない話しを書いてしまいました。

読んでいただいた方、本当にありがとうございました。

 

早くIPO当選の話しでも書きたいものです^_^;