IPO投資で目指せセミリタイア

労力最小「IPO投資」と「節約」でセミリタイアを目指します

【読書】若林正恭 ナナメの夕暮れ とても共感できました!

f:id:freelife1997:20190808212622j:plain



こんばんは。すみっこです。

今日はキンドルホワイトペーパーでの読書感想です。

 

 紹介

オードリー若林、待望の新エッセイ集!
『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。
雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!

ゴルフに興じるおっさんなどクソだと決めつけていた。
恥ずかしくてスタバで「グランデ」が頼めない。
そんな自意識に振り回されて「生きてて全然楽しめない地獄」にいた若林だが、四十を手前にして変化が訪れる――。

ゴルフが楽しくなり、気の合う異性と出会い、あまり悩まなくなる。
だがそれは、モチベーションの低下にもつながっていて……

「おじさん」になった若林が、自分と、社会と向き合い、辿り着いた先は。

キューバへの旅行エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』では第三回斎藤茂太賞を受賞。
「生き辛い」と感じている全ての人に送ります。

 

 

きっかけは雑誌「ダ・ヴィンチ」

若林さんをより好きになったきっかけは、、、

雑誌「ダ・ヴィンチ」で若林さんの文章をたまたま読んだことです。

 

「お笑い芸人」を職業とする人が、こんなにも自分と同じような「生きづらさ」を抱えているのかと、本当に勝手に親近感を覚えたのがはじまりです。

 

どんな職業についていても、それぞれの感覚・性格があり、若林さんの抱える生きづらさは普通のサラリーマン(私のような生きづらさをが抱える)とも同じもののようでした。

 

内容は共感の嵐です。

読めば読むほど、わかるわかる。^_^;

 

フレーズ

「他人の正解に自分の言動や行動を置きに行くことを続けると、自分の正解が段々わからなくなる。」

 

↑ とても共感しました。

 私の性格上のあるあるなんです。

 もしくは、組織人としてのソツのない身のこなしと思っているのか。

 とにかく、こういうことをしがちなのです。

 そして結果疲れてしまう。

 

 

少しづつ、少しづつでもいいから、若林さんのように自意識から自分を解き放てるようにしていきたいなと^_^;

 

 

珍しく1日に2記事更新でした。

読んでいただきありがとうございました。