IPO投資で目指せセミリタイア

労力最小「IPO投資」と「節約」でセミリタイアを目指します

労力最小 ~IPO新規公開株投資~ のススメ

f:id:freelife1997:20190101205656j:plain

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は私のIPO新規公開株投資方針のお話しです。

「時は金なり」

まさにその通り。いや、「時」は「金」以上か!?(>_<)

忙しい毎日、終わらない仕事、遅い帰宅。

そんな状況でも持続可能な労力最小な投資方法のご紹介です。

 

IPO新規公開株の初値売り

「IPO」とは、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることです。

抽選を経てこの新規公開株を得ることには下記のようなメリットがあります。

 

【メリット】

①取得する際は手数料がかからない。

②取得価格よりも「高い価格で売却」できる可能性が極めて高い。

※上場後すぐに「成り行き」で売却がオススメです。値下がりリスクを回避!

③慣れてしまえば流れ作業なので「手間が少ない」。

 

口座開設は事前に手広く

IPO取扱いが決まってからの口座開設手続きでは申込みまでに間に合わないことも、、。

まとまった時間が取れる時に一気に開設してしまいましょう(^^♪

 

 

参考:わたくし「すみっこ」が開設済の証券口座

 

【本命】

SBI証券(チャレンジポイント取りはしっかりと)

SMBC日興証券

大和証券

みずほ証券

野村証券

マネックス証券

 

【次点】

三菱UFJモルガンスタンレー証券

カブドットコム証券

東海東京証券

岩井コスモ証券

 

【キープ】

岡三オンライン証券

安藤証券

むさし証券

松井証券

エイチエス証券

GMOクリック証券

いちよし証券

楽天証券

丸三証券

立花証券

ライブスター証券

東洋証券

 

数年前の年末年始に一気に口座開設の書類を作成しました。

大型IPOの際はこの数が力になります。

 

 

IPO申込みは必要最小限に

①主幹事証券会社

②幹事のうち配分枚数が多いところ

 

基本的には①、②の二つの申込みのみに絞ります。

「手間暇」と「当選確率」を天秤にかけた結果です。

当たらないと思われるところには時間を割かない!これ鉄則。

 

普段は【本命】と位置付けている5つの証券会社の申込みがほとんどです。

 

 

 このようにして、IPO投資にかける労力を最小に抑えています。

他のIPO投資家の方々に比べてリターンは確かに少ないです。

しかし、これこそが私にとっての持続可能で確実な投資方法です。

 

これからも「手間暇」と「リターン」を天秤にかけ、着実に稼ぐぞ(^^)/

 

いつもありがとうございます。

↓ 応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村